n100で実際に撮ってみました

子供の写真はたくさん撮るのですが、カメラで撮る人が決まっている場合には撮っている人の姿はほとんど残らないのが我が家の実情でした。

 

そのため今回購入したのが子供の成長記録専用機といえるキャノンパワーショットn100です。

 

我が家のデジカメはキャノンが多いので、n100も説明書がなくてもまったく問題なく利用できることがとても良いと感じました。

 

そして子供を撮る時にも再認識したのですが、レンズが明るいことから室内で撮影をする時にもフラッシュはほとんど不要なのです。

 

子供が赤ちゃんの時に顔の近くで撮影をすることが多いと思うのですが、その時赤ちゃんの目の前でフラッシュが光るのは良くないと思います。

 

また、フラッシュが光りますと影ができますので画像もコントラストがありすぎる時もあるのです。

 

そういった点でレンズが明るいのであれば撮影にフラッシュを使用する必要が無いのです。

 

我が家ではキャノンのS100、S120もあるのでそれらでの撮影と比較するのですが、n100はほぼ同等の写真を撮ることができますので、とても満足しています。

小さな画像でも参加気分

それではn100での実際の画像を見てもらいましょう。

 

右下に撮影者が小さいのですが入ることから子供の姿だけでなく、撮っている時の撮影者の表情も写ることからとても良い画像だと思いませんか。

 

撮影するのはお父さんが多いと思うのですが、子供が小さい頃のお父さんの画像はとても少なくなってしまうかもしれません。

 

そういったことにならないのがn100のように撮影者も同時に写るカメラだと思います。

 

子供撮りデジカメを考えている方でしたら検討してみると良いデジカメではないでしょうか。

 

 

はーい こっち向いてね〜

 

 

あーあ あっちむいちゃったと右端で言っています

 

 

撮影している顔もバッチリですから、参加している感が満点です

 

 

通常はこのような画像となりますね。

 

ちなみにこちらはキャノンのS120で撮っています。




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ