象印炊飯器の内釜がはがれてきた

我が家の象印の炊飯器の内釜が、丁度毎日炊く分量のラインでコーティングが剥がれてきてしまったことから、新しい炊飯器を購入しようかなと探しました。

 

内釜にキズを付けたという記憶は無いのですが、やはり長く使っていますと剥がれてくるところもあるのでしょう。

 

また、内釜を洗うのはスポンジですが、丁度炊き上がったお米の境界線のところはこびりついたご飯を取るために一番こすられる部分だと思います。

 

少々のはがれでしたら我慢するのですが、かなりひどい状況となってきたことから新しく炊飯器を買いなおす必要があるかなと思いました。

 

炊飯器は意外と高い

我が家は白米ではなく玄米を食べることから玄米をふっくらと炊くために圧力炊飯器を使用しています。

 

長い間象印の炊飯器を使用していることから、炊飯器メーカーが変わりますと新しく炊飯器の設定を覚えることが必要となります。

 

そのことから新しい炊飯器は象印の現在使用している圧力炊飯器の最新モデルにしようと思いました。

 

もっと美味しそうに炊けるモデルもあるのですが、我が家は玄米ですから白米のような美味しさは出ないのではないかと思いました。

 

格安な圧力炊飯器ではないモデルもあったのですが、玄米の炊飯モードがありませんでしたのでパスしました。

 

やはり高価な圧力炊飯器を買うしかないかと思っていました。

内釜だけ販売されていた

格安な圧力炊飯器がないか探していた時に偶然炊飯器の内釜だけが販売されていることを知ったのです。

 

最初は社外品と思ったのですが、メーカーは製品生産終了後7年間は部品を持っているそうなのです。

 

その部品の内釜を販売しているお店を楽天のショップで見つけたのです。

 

我が家の炊飯器自体はまったく問題なく作動していますので、内釜を新しく買えましたら問題ないのです。

 

ショップからは注文してからすぐに発送してもらえましたし、象印の純正品でしたからとても満足です。

 

炊飯器のコーティングがはがれて買換えを検討されている方は、内釜だけの買換えを検討するのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ