スタイルワンの野菜ジュース

私が購入しているのは1本が172円と格安なピアゴで販売されている野菜ジュースです。

 

トマトジュースも同じ価格なのでどちらが良いのか成分などを比較してみました。

 

ある日新聞で朝食前に200ミリリットルの野菜ジュースを飲みますと、朝食を食べた後の血糖値の上昇が穏やかになるという記事を読みました。

 

そのため今では朝食前のサプリメントを飲む際には野菜かトマトジュースを飲むようにしたのです。

 

でもどちらが毎回良いのかと悩むものですから、両ジュースを比較してみました。

栄養成分の比較

コップ1杯180ミリリットルの成分は次のように表示されていました。

 

某TVで公表された人気トマトジュースランキング4位の伊藤園理想のトマトも比較に入れてみました。

 

  野菜ジュース トマトジュース 理想のトマト
エネルギー 35kcal 42 kcal 64 kcal
タンパク質 0.9〜2.4g 1.2〜2.8g 2.6g
脂質 0g 0g 0g
糖質 6.4g 7.9g 12g
食物繊維 0.5〜3.3g 0.2〜2.8g 2.1g
ナトリウム 3.6〜38.0r 2.0〜30.0r 5〜62r
カリウム 440r 530r 828r
カルシウム 3.6〜37.0r 3.6〜37.0r 未記入
リコピン 21r 22r 28r

 

内容を比較しますとトマトジュースの方がカリウムが多いですね。

 

カリウムは自然の降圧薬と言われ、塩分を排出する効果があることから血圧管理にも役立つかもしれませんね。

 

糖質が高く感じるかもしれませんが、果汁ジュースに比べれば半分以下ですから糖質制限ダイエットでも飲んでも良いと感じました。

 

ナトリウムの量を塩分換算しますとトマトジュースの方が2gから20gほど少ないということになります。

 

ナトリウムとカリウムの量から考えますと個人的にはトマトジュースを選んだ方が良いかなと感じました。

 

 

原材料について

トマトジュースは原材料はトマトだけですね。

 

野菜ジュースはトマトジュース(濃縮トマト還元)に、にんじん(濃縮還元)、セロリ、小松菜、モロヘイヤ(濃縮還元)、レタス、パセリ、クレソン、メキャベツの葉、ごぼう、グリーンピース、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉の入った野菜ジュースとレモン果汁が原材料となっています。

 

どちらも製造メーカーは伊藤園となっています。

 

原産国は表示が無いのですが、伊藤園のホームページでは理想のトマトはポルトガル、アメリカ、熟トマトがイタリア、ポルトガル、チリ、スペインとなっています。

 

野菜ジュースもトマト以外は日本やチリ、エジプト、アメリカとなっていました。

 

残留農薬や硝酸態窒素も管理されているようですから、この点については個人的には安心かなと思いました。

スタイルワンの16種類の野菜と果実

 

スタイルワンの16種類の野菜と果実という製品をピアゴでショッピング中に「16種類の野菜と果実」というものを見つけましたので買ってみました。

 

こちらは伊藤園ではなくカゴメが製造しています。

 

人参とりんごジュースがベースとなった野菜ジュースとなっています。

 

180mlで1日分のビタミンCが摂れるといった表示にひかれたのです。

 

ちなみに価格はセールだったのか170円となっていました。

 

栄養成分は次の表示となっていました。

 

エネルギー 64kcal
タンパク質 0.7g
脂質 0g
糖質 15.1g
食物繊維 0〜0.7g
ナトリウム 13〜110r
カリウム 270r
カルシウム 16r
ビタミンC 120r
ビタミンK 0〜10μg
葉酸 3〜28μg
βカロテン 1,900〜8,000μg
ショ糖 4.4g

 

食物繊維が少なくてナトリウムが多いといったイメージですが、葉酸やβカロテンが摂取できるのは良い点ですね。

 

糖質はリンゴジュースベースですからトマトジュースと比べますと多くなりますね。

 

気になって購入しましたが、やはりトマトジュースが個人的には一番良いかなと思いました。

 

 




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ