台湾まぜそばが美味しそう

「麺屋はなび」というラーメン店の名前は以前から聞いたことがあるのですが、残念ながらまだ行ったことがありませんでした。

 

そして以前コンビニに行った時に「麺屋はなび」のカップラーメンで塩ラーメンを見たのですが結局買いませんでした。

 

そして今日サークルKに行きますとカップラーメンの棚の最上段に台湾まぜそばのカップラーメンがずらりと並んでいました。

 

これはもう私に食べて!と言っていると感じ、買って帰りました。

 

値段は税込みで248円です。

 

そしてこのまぜそばについて食べる前に調べてみますと、名古屋市に本店を置くラーメン店「麺屋はなび」のメニュー「台湾まぜそば」を店主監修のもとカップ麺で再現しました。

 

全粒粉を練りこんだ太麺と肉そぼろを合わせたピリ辛のタレが特長ですとなっていました。

 

残念ながらお店で食べたことが無いのですが、予備知識と思い「麺屋はなび」のホームページを見てみました。

 

さて、カップめんでどこまでのまぜそばができるのか作って食べてみます。

 

 

台湾まぜそばの作り方と感想

台湾まぜそばの作り方はカップを開けて中に入っています4種類、かやく、ふりかけ、レトルトの具、調味タレを取り出します。

 

 

麺だけになったところにかやくを入れてお湯を注ぎます。

 

 

5分ほどしたら麺をかき混ぜて硬さの確認をしてお湯を捨てます。

 

 

 

麺に調味タレをかけて混ぜ合わせ、上からレトルトの具とふりかけをかけます。

 

 

私はレトルトの具と調味タレは別のお湯の中に入れて暖めておきました。

 

さあこれで出来上がりです。

 

ちょっと辛そうな香りもして意外とおいしそうなのです。

 

一緒にコンビニで購入したサラダと共に食べました。

 

 

カップ麺としてはとても良いモチモチ感のする麺でとても美味しく食べることができました。

 

 

さすがに有名ラーメン店の監修したカップ麺ということを正直に感じました。

 

ごちそうさまでした。




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ