日本料理有楽の席は窓ぎわの特等席

今回名鉄電車の犬山グルメプランに参加して、昼食は名鉄犬山ホテルの日本料理店有楽(うらく)でランチを楽し見ました。

 

用意されていた席は窓側の木曽川の風景と庭の風景が楽しめる席で、2名での利用でしたから4人席の景色を眺めることが出来るサイドに並んで用意されていました。

 

 

 

テーブルは狭くないので横に並んでも余裕がありゆっくりとランチの時間が過ごせました。

 

私たちの左隣の方も犬山グルメのプランの方のようで、同じ様な景色の良い席で同じ料理が運ばれていました。

 

当日は祝日ということもあり満席でしたが、私たちの席は奥の席でしかも左横と後ろの席の間がしっかりと仕切りがあったため、席から立っときに混雑している様子を始めて知ったという良い席でした。

 

犬山グルメプランを申込む際に予約が入りますので良い席が確保できたのだと思います。

 

 

料理について

料理は会席料理となっていましてお品書きがテーブルに用意されていました。

 

飲み物を私たちは気取ってワインを頂きましたが、こちらもボトルが3,150円ととてもリーズナブルでした。

 

 

もちろんこの価格ですからスクリューキャップのフランスワインですが、リーズナブルなランチにはこれで十分だと思いました。

 

このワインはバロンフィリップのアニョーブラウンというボルドー5大シャトーのひとつのもので、ベーシックなワインですが、ボルドーワインのすがすがしさが味わえます。

 

残念ながらワインの泡系はなく、赤、白、ロゼの1種類だけとなっていました。

 

12時にランチをスターとしましたのでお造りと焼き物まではとても早く料理が運ばれてきましたが、当日は満席だったこともありここからがゆっくりとなりました。

 

結局食べ終わったのは13時20分頃でしたからとてもゆっくりと食事を楽しんだことになります。

 

決して料理を出されるのを待つといった雰囲気ではなく、景色を見ながらワインを飲んでゆっくりと食事が楽しめたのでとても良かったと思います。

 

犬山グルメは一日乗車券が付いて4,500円という価格ですから、食事代金が3,000円ほどとするととてもコストパフォーマンスが高い料理内容だと思います。

 

日本料理有楽では一番リーズナブルなミニ会席が3,675円ですから、お徳さがわかって頂けるのではないでしょうか。

 

 

料理の内容

私たちが頂いた料理の内容は8品でした。

 

 

前菜は旬彩盛り合わせです。

 

 

造里は3種の盛り合わせです。

 

 

焼物は 鮎の塩焼き、蓼酢です。

 

食べだしてから撮影していないのを気づいたので、ごめんなさい。

 

 

揚げ物はつみれ野菜薄衣揚げです。

 

 

蒸し物は穴子玉汁蒸しです。

 

 

ご飯は雑炊、梅肉、浅付でお米は富山県産となっていました。

 

ご飯には香の物盛り合わせが添えられていました。

 

 

最後はデザートです。

 

ごちそうさまでした。

 




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ