ランプステーキとは

山田家ベルは閉店となりましたので記録として記事を残しています。

 

 いつもは知多牛のビーフシチューをランチに食べるのですが、今回は新しいメニューとしてリーズナブルな価格のランプステーキという新しいメニューがありましたので、さっそく注文してみることにしました。

 

 ランプステーキというのは知らなかったのですが、お尻の辺りのお肉のようです。

 

 ランプステーキ=臀部ステーキという駄洒落を思わず思いつきましたが、口には出しませんでした。

 

 ランプはモモ肉の最上の部分のお肉で、やわらかい赤身肉は上質で味に深みがある部位なのだそうです。

 

 ほとんどの料理に利用できるそうで、牛刺しもこの部分を使うそうです。

 

ランプステーキセットはお徳でした

 ランプステーキセットは前菜かスープのどちらかと、ランプステーキ、パンまたはご飯、コーヒーがセットになっています。

 

 メニューには150グラムのセットが表示されていましたが、200グラムもありますとスタッフに勧められて、200グラムを注文しました。

 

 150グラムでしたらセットは2500円というお値段となっています。

 

 単品ですと知多牛フィレ肉のステーキ150gが4500円に対し、ランプステーキは1800円となっていて、ランプステーキのお徳度が際立ちます。

 

 前菜が運ばれてきましたが、お洒落な盛り付けの一皿で、ランチですがワインが欲しくなってしまいます。

 

 

 タコが美味しくてもう少し食べたいと思ってしまいました。

 

 運ばれて来た200グラムのランプステーキは思ったよりもボリュームがあり、150グラムでも良かったかもと思いました。

 

 

 ただし食べてみますと赤身がとても美味しく、200グラムは簡単に食べられてしました。

 

 

 肉の焼き加減もとても良く、肉本来の美味しさを楽しませてもらいました。

 

 このセットにサラダがあれば完璧なセットになると思いましたので、次回からは150グラムにして、サラダを付けてもらおうかと思いました。

 

 山田家ベルではいつもサラダをオーダーするのですが、毎回野菜が美味しいと感じますので、やはり食べないと物足りなく感じてしまいます。

 

 本日も知多牛を美味しく頂くことができ、ごちそうさまでした。

 

 




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ