山田家ベルのお店の中の様子

山田家ベルは閉店となりましたので記録として記事を残しています。

 

 半田市にある山田家ベルにはランチによく行くのですが、いつも満員でお店の中の様子が写せなかったのですが、今回は11時20分頃に入店したため、誰もいなかったのでお店の中を写すことが出来ました。

 

 

 

 今回は2階の席を利用したのですが、一緒に行った方はこんな場所にこんなお店があるとは思わなかったという言葉がありました。

 

 窓からの景色はあまり良いとは言えませんので、これで海沿いとか森などでしたらかなり良いお店だねと言っていました。

 

 

 ただし、前を通る道を大型車が通過しますと振動が伝わってきますので、その点はマイナスポイントです。

 

 

美味しいスープでお腹いっぱい

 

 今回行った際には階段の上り口にコンビプレートの案内が初めて出されていましたので、こちらのメニューをお勧めしたいのかなと思いました。

 

 今回は知多牛のステーキにしようかもと思いましたが、やはり予算的にいつものコストパフォーマンスが高いビーフシチューにしました。

 

 

 本日のスープを聞きましたらジャガイモの冷製スープのビシソワーズとのことでしたから、もちろん注文させてもらいました。

 

 

 いつものサラダとこのスープだけでもかなりボリュームがありますので、2品でもお腹が膨れてきます。

 

 

 そのため本日のビーフシチューはライスと共に食べるのは大変でしたので、ライスは半分以上残してしまいました。

 

 また、本日の私のビーフシチューには肉が3個もしっかりと入っていましたので、満腹感の追い討ちでした。

 

 

 知多牛がとても柔らかく煮込まれていますので、ナイフで切って頂きます。

 

 

 同行者からもとても美味しいと評判のビシソワーズでしたが、次回からスープを頼むときには、ライスは無しにしようと思います。

 

 スープは口当たりが滑らかで冷たい食感と滑らかさでスイスイと喉を通ります。

 

 ジャガイモの甘味と生クリームの味でもっと飲みたくなってしまいました。

 

 

 山田家ベルの方々、本日もごちそうさまでした。




当サイトは素人調査隊が運営させて頂いています。
サイトについての御連絡先は下記となりますのでよろしくお願いいたします。
traveldiver1@yahoo.co.jp
TOPへ